アフィリエイト初報酬と、初期のつまづき その2

アフィリエイト初報酬発生の嬉しさのあまり、勢いで書いた記事、第二弾です。

アフィリエイト初報酬と、初期のつまづき その1」の続きとなります。

松田豊さんの動画を見ながらメモしてなかった

さて、クロネコ屋さんの語る内容が本当だとしたら、彼の情報商材を買うしかないな、と思いました。

松田豊さんが動画は参考になりました。

しかし、エッセンスは一箇所にまとまってはいません。

松田豊さんの動画300を観たのは、空き時間を利用してのもの。通勤時間、仕事の合間、休み時間などなど。

とにかくアフィリエイトというものの全体像をつかもう、まずはすべて観ることから始めよう、と考え、時間節約のためにメモを取りませんでした。正しい判断だったと思っています。

クロネコ屋さんのnoteを買うことにする

ところが、これからアフィリエイトサイトを作成しようとしたとき、具体的な作成方法がぱっと記憶から呼び出せません。なにしろ膨大な量の動画をひたすら流し観していただけなので、記憶に定着していないのです。

作業過程の参考となる動画を一つ一つ探し出すのは、時間の無駄遣い。

これから真剣にやろうと決意したならば、時間を節約するために、数千円支払うのは惜しくない、買おう、と考えたんですね。

クロネコ屋さんのnoteの価値はぶっちゃけ、どうなのか?

こうして不本意ながら、noteに登録。クロネコ屋さんが、初級者と中級者用に書いたnoteの記事を買いました。合計6千円。手痛い出費です。

クロネコ屋の初心者向けアフィリエイト講座@副業で月3万円コース(2500円)
クロネコ屋の中級者向けアフィリエイト講座@副業で月30万円コース(3500円)

ただ、よく考えたら、今ハードカバーの本を買おうと思えば1冊1,500円します。

中身は一冊の本ほどの文章量はなさそうです。

しかし、中身が濃ければ、数冊分の価値はあるでしょう。

結果を言えば、買ってよかったです。

すべてが一般公開されている訳じゃない

アフィリエイトを始めるにあたってさまざまなサイトを読みました。

クロネコ屋さんのnoteと似たようなことを書いているものもありました。

しかし、ここまでうまくまとまった情報は、ネットで見つけられませんでした。

書店で売られているアフィリエイトに関する書籍も何冊か立ち読みして、一番情報量が多そうなものを買いましたけれど、今から考えると初歩的な情報ばかりが載っていて、腹が立ちます。

なにしろ、その本の最後の方でようやく「Twitterでブログの宣伝をしてみよう」とか書いているんですからね。

稼ぐための肝が書かれていた

クロネコ屋さんのnoteの内容は、それに比べると段違いで良かったです。

内容を細かく書くといけないので書きませんが、

  • 稼げるジャンルというものがあること
  • 稼げるジャンルはどれか
  • 自分が実際に運営しているサイト
  • 失敗したサイトの例

など、欲しい情報がてんこ盛りでした。

参照:ぱくたそ

しかもクロネコ屋さんの記事を読むと、やる気が出ます。

元作家の文章だけあって、簡潔で読みやすいです。

ポジティブでコンパクト。今でも時々読み返しています。

数千円出して買う価値はありました。

(以下、長くなったので続きは次回)

コメント

タイトルとURLをコピーしました