独り言はやめなければならない

癖などは誰もが持つもの。

そのすべてをやめようとするのはストレスですから、軽い癖くらいならば、持っていても自分の個性として認めればいいでしょう。過度に神経質になる必要はありません。

ところが、癖の持ち主が「これくらいはいいだろう」と思っていながら、実は人生に大きく悪影響を与えている「悪癖」というものがあります。

特にコミュ障と言われている人がしがちなのが「独り言」なのですが、これは人生に悪影響を及ぼすので、即刻やめるべきです。

それが分からなくて「人生うまくいかないけれども、どうすればいいの?」と悩むあなたに、独り言を即刻やめるべき理由についてご説明いたします。

癖の自覚は大学生

「無くて七癖 有って四十八癖」ということわざがありますように、癖(くせ)というものは無い人でも7つくらいは何かしらあるもの。かくいう私は癖が多いほうかもしれません。その一つとして「独り言を言う」という悪癖が以前ありました。

「一人暮らしをしていると、独り言を言うようになるよね? 夜になって『あ、鍵閉めなきゃ』とか自然に言ってない? 寂しいからかな」

サークルの友人からそう言われて笑い、帰宅して気をつけてみると、私自身も独り言を言っていることに気づいたのが大学生の頃。高校生の頃にも独り言を言っていたかもしれませんが、親はそこを指摘するタイプではないので、自覚していませんでした。

自覚をしても辞めなかった独り言

この癖、もしかしたら受験の影響かもしれません。英語の勉強のために英文を音読したり、試験勉強のためにテキスト音読をしたりしていましたから。

「一人暮らしだから独り言の癖がつくのはしょうがない。記憶の定着にも考えの整理にも役立つ。人に迷惑になるわけじゃないし、何が悪い」

と思っていました。

ところが、癖は直そうと思わなければ直りません。社会人となって十年、習い性となり独り言の癖は治らず、会社で同僚から注意されたこともありました。

言われた直後は治しますけれども、根本的に治そう、とまでは思いきれませんでした。

コミュニケーション能力に悩む

ところで、社会人になってからコミュニケーション能力が低いことに悩むようになりました。職場の人間関係や恋愛がうまくいきません。学生時代に悩まなかったのは、学校というシステムがサポートしていたからだと、社会人になって思い知りました。

「会話力を高める方法」的な本を読んだりして解決の道を探っていたのですが、思うような効果が上がりません。

社会人となって数年経つうちに、それなりにごまかせるようにはなりましたが、根本的な解決とまではいきませんでした。

共通する「独り言」「鼻歌」「愚痴」の持ち主

ある時ですね、こういう話を聞きました。

  • 「独り言を言う」「鼻歌を歌う」「愚痴をもらす」という癖はつながっている。
  • その根底には、他人からどう見られているか、ということへの鈍感がある。
  • もっと言えば、周りへの注意、観察力がない。
  • 表層意識はもともと、周囲や他人の観察のために空けておかなければならない。
  • 会話とは、相手を観察して何を考えているのか想像しながら「楽しい時間を過ごす」「仲良くなる」「問題を解決する」などの最終的な目的に沿って適切な言葉をやりとりしていくもの。
  • 正しい観察なしに正しいコミュニケーションは取れない。
  • 普通の人は、表層意識で当たり前のように、周囲や相手を観察している。
  • ところが上記のような癖の持ち主は、表層意識が「考え事」「歌」「他人への恨みつらみ」で普段からいっぱいになっている。
  • だから周囲を観察したり他人を思いやったりする余裕がない。
  • 「観察しよう」と思っても、頭の中にあふれるものが邪魔をする。
  • 結果、コミュニケーション能力が低くなる。

コミュニケーション能力の低い人間に、ブツブツと独り言を言う癖の持ち主や鼻歌を歌う人が多いのは確か。愚痴を言う人は自己中心的な人が多く、これまたコミュニケーション能力が高い人には少ないでしょう。

このような癖は、他人に多大な迷惑をかけていることが多いのに、それを自覚出来ないということ自体、自分を客観的に見られず、常識のないことの証(あかし)です。

今でも続く独り言。しかしなんとか克服しつつある

軽く考えていた自分の癖が、実は自分の人生にとって悪影響を与えていたのかもしれないと気づいて、ゾッとしました。

それから、独り言を言わないように、机の前に紙に書いて自戒。

数年ごしで、独り言をいう癖を、軽減させたのでした。

それでも、今も言ってしまいます。

10年かけて身につけた悪癖は、多分、治すのにもそれ以上かかるのでしょう。

一生をかけて治していくつもりですが、そのお陰か、このところコミュ障がだいぶ改善されてきました。

些細な悪癖が、人生の邪魔になるということは意外に多いもの。

この記事を読んで、独り言をやめようと思っていただける方が一人でも増えれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました