どのプログラミング言語を学ぶべきか

今でも世の中に影響を与え続けているスティーブ・ジョブズは、かつてインタビューの中で「プログラミング言語を学ぶことは教養だ」と言い放ちました。その言葉は年々重くなりつつあります。

しかし、初めてプログラミング言語を学ぼうとする人にとって、何を選べば良いのか分かりません。世の中には数多くのプログラミング言語があり、それぞれ一長一短、どれを選べば良いのか、「どうすればいいの?」と迷うばかり。

本日は初めてプログラミング言語を学ぼうとするなら、何を学べば良いのかについてお答えいたします。

最初に答えを申し上げます。

あなたが初心者で、これからホームページを作成していこうと考えているならば、最初に学ぶべきプログラム言語は、ずばり、PHPです。

迷うのは「無駄を犯したくない」から

それぞれの言語の特徴は、下記のサイトに詳しく述べられています。

それぞれ一長一短があるのは確かです。

そして、いろいろと言われているけれども、学んで使ってみなければ、どれが良いのかわからない、というところに、悩みのタネがあります。

初心者にとっては、自分が何をしたいのか、漠然としたイメージしかなく、どのプログラミング言語がどのような働きをするのか、いくら説明を受けてもよくわからない、といったところではないでしょうか。

このような模索している段階で、どの言語を学ぶべきか迷う大きな理由は、「無駄なことをしたくない」という気持ちが強いからでしょう。

無駄なことをしてもいい、選択を間違っても良い、と思っているならば、とりあえずなにかのプログラム言語を適当に選んで学べばいいじゃないですか。

そして、間違っていればやり直せばいい。

それをしたくないのは、無駄な時間を過ごしたくないからです。

どうせ複数の言語を学ぶ必要がある

プログラミング言語は難しそうです。

一生懸命勉強しなくちゃならないみたい。

ところが、せっかく膨大な量を勉強したのに仕事で使えないとか将来性がないとかの理由で、学んだことが無駄になるのは勘弁。

どのプログラミング言語を学ぶかで迷う人の気持は、そんなところでしょうか。

ところが、プログラミング言語を学ぶ上で、この考えは間違いです。

なぜなら、もしもIT業界で専門的に働こうとする場合、一つの言語を学んだだけでは仕事にならないからです。

プログラミング言語にはそれぞれ特徴があり、システムによっては動くもの、動かないものがあります。仕事をする上では、ほとんどの場合、複数の言語を利用する必要があります。

一つの言語だけでできることは限られており、今、ITエンジニアとして働いている人で、たった一つのプログラミング言語だけしか知らない人は皆無でしょう。

一つの言語学習は次の学習の邪魔にはならない

もしかしたら、
「選択したプログラミング言語の文法がメチャクチャでひどいものだった場合、それを学ぶことで次のプログラミング言語を学ぶ障害になるのではないか?」
と心配しているかもしれません。

たとえばPHPは、「ツギハギで作られた言語」などと馬鹿にされることがあります。そんなおかしなプログラミング言語を学んでしまうと、頭の中が混乱してしまい、他の言語を学ぶ障害になるのではないか? と心配しているのではないでしょうか。

その心配は杞憂です。

例えばヨーロッパの言葉の内、もっともツギハギで作られた言葉は英語です。英語は、ゲルマン語、ケルト語、ラテン語などが様々に影響しているため、ごちゃ混ぜの言語と批判する人もいるほど。しかし、英語を学んだ人がイタリア語学習やドイツ語学習が困難になる、という話を聞いたことがあるでしょうか?

逆で、ごちゃまぜの言語を学ぶことで、元になった言語への取っ掛かりができるため、さまざまな言語学習が容易になります。

「複数のプログラミング言語を学んだら、他の言語と記憶が混ざらないだろうか?」

と今から心配している人もいるかも知れませんが、杞憂です。

フランス語やオランダ語など複数話せる多言語学習者によれば、どれほど似ていようとも、異なる言語には異なった規則性があるため、頭の中で混乱することはそれほど多くないそうです。プログラミング言語も同様でしょう。

結論を言いますと、どの言語を習得しようとも、どうせ他の言語を学ぶ必要に迫られるし、どの言語を最初に学ぼうとも、別言語を学ぶ障害になることはない、ということです。

継続できることがなにより大切

さて、こうした中で学ぼうとするならば、

  • 学ぶことが簡単で
  • 学習が面白く
  • 仲間が多く
  • すぐに利用でき、目の前で結果が出る

言葉こそ初心者にとって学ぶべき言語ということになるでしょう。

プログラミング言語を習得するためには、長時間の学習が必要で、つまらなくて挫折することも多いのです。今すぐ仕事で使うとか、今すぐやりたいことがあるとか、学ぶ目的が明確ではない本当の初心者が、とりあえず学ぼうとするならば、上記の条件に合致した言語が最適です。

その諸条件に合致するのがPHPです。

ブログの基本技術がPHP

今、非常に多くの日本人がブログで情報発信をしています。このブログの構築をになっているのがPHPです。ですから、PHPを知っているとブログのデザインをちょっと変更することが簡単に出来るようになります。

初心者にとって、プログラムを学ぶ初心者仲間を見つけることは難しいと思いますが、PHPの場合は簡単です。

なぜなら、ブログをやっていれば、ブログを始めたばかりの初心者オフ会がいたるところで開かれているからです。そこで仲間をすぐに見つけられます。

オフ会がどこで開かれているかわからなければ、ブログでオフ会リポートをしている人に「次のオフ会に参加したいけれど方法を教えてください」とコメントやツイートをすれば、面倒見のいい人ならば返事をくれたりします。

そうやってできたブログ仲間に「一緒にプログラミング言語を勉強しませんか?」と尋ねるのは、簡単。

ね? すぐにPHPを一緒に学べる初心者仲間をみつけられるでしょ?

一緒に勉強しながら、自分のサイトのデザインをちょこちょこいじり、学習していけば、挫折せずに学べるはず。

最初に学ぶプログラミング言語としてPHPが優れている理由について、納得していただけたでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました