アフィリエイトを始めるなら、今が良い理由

アフィリエイトを始めてみようか、「どうしようかな?」と悩んでいませんか?

私もそうでした。今回は同じ悩みを持つ人と悩みを共有する記事です。

ここ数年アフィリエイトという言葉が、市民権を得るようになりました。

インターネットを開くと画面のあちらこちらに広告が貼られています。
ブログやホームページなどのサイト作成者は、広告代理店(ASP)から広告を貼る権利を取得して、自分のサイトに貼り付けます。
訪問者がその広告を閲覧したり広告経由で物品を購入すると、サイト作成者に広告収入が入る、という仕組みです。

私が自分のブログにアフィリエイト広告を掲載し始めたのは、もう5年以上前になります。
開始して1年で10万PVを達成、毎月1万円の広告収入が入るようになりました。
当時の雑記ブログとしてはなかなかのものだったようです。

ところがその後、諸事情がありブログは放置。
しかしアフィリエイトというのは有り難いものです。
更新しなくとも毎月広告収入が入り、今はだいたい3000円から4000円の間で落ち着くようになりました。

最近になっていろいろと身辺が落ち着いてきたため、アフィリエイトを再開しようとしましたら、ここ数年でアフィリエイト業界が激変していたことを知りました。

高額所得者の激増

矢野経済研究所の調査によれば、2013年のアフィリエイトの市場規模が1340億円だったのに対し、2017年の見込み市場規模は2450億円に激増するようです。

当然アフィリエイターに対する支払額も増加の一途をたどっています。
その詳しい資料がこちらです。

アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2016年

なんと月収100万円以上のアフィリエイターは10%以上に登るのだとか。
儲かっているからアンケートに回答する確率も高い、という調査対象の歪みが原因となっているのかもしれません。
しかし、それを差し引いても随分と夢のある数字です。

具体的なブロガーさんの例

こちらのブログを御覧ください。

1ページビューあたりいくら稼げる? 2年間のブログ収益を振り返ってみた。

2年前の2015年の記事ですが、当時で月収100万円以上を稼がれていたというので驚きます。
その要因として分析されているのが、GoogleAdSenseの広告最適化技術の向上など。

私が作成していたブログは雑記ブログというジャンルで、しかも全くカテゴリーを定めていませんでした。
動画の紹介や社会批評、誠実についての分析やビジネス動向、面白い本の紹介や食レポなど、書いていることは様々。
だからこそ、ネタに困らず何年も続けられたので、それはそれで良かったと思うのですが、広告収入につながる内容ではありませんでした。
(社会批評記事に関連して紹介する商品って、あまりありませんよね。広告とは相性がよくないです)
今でも1PVに対して0.1円といったところ。
しかし、ブログ部さんによれば、カテゴリーなど適切に選べば「1pvあたり0.2円、頑張れば1〜2円か?である」そうです。

面白い記事は予想以上に、すぐに拡散されます。
10万PV以上のブログを作成することは、5年続ければそれほど難しくない、というのが数年以上ブログを運営してきた私の実感。
そうしますと、毎月1万円から2万円の副収入を得られることになります。

アフィリエイトのための様々なしくみ

本格的にアフィリエイトを始めるにあたって、今たくさんの勉強をしています。
重要な部分は有料なものが多いです。
そのすべてを買うほど金銭的な余裕はなく、厳選して購入しています。

ただ、親切な方もいらっしゃって、なかにはアフィリエイトに関するノウハウ動画を500本近くも公開している人がいます。
とても親切な方で、後進の指導に熱心で、私よりも年下ですが尊敬できる方でもあります。
ただ、量が多すぎて、重要なヒントがどこに詰め込まれているのかわからないので、一つ一つを確認するのは大変。
すべてを見終わるのに2週間かかりました。

こうした勉強を進めていると、信じられないような便利なノウハウやシステムが、ここ数年で開発されていることを知りました。

たとえば、似たような文面の芸能人情報サイトをご覧になったことはありませんか?
「◯◯という芸能人は◯年生まれ。彼女は◯年デビュー。それが今回◯という事件を起こしました……」
というほとんど同じ内容の記事が、別の文体や構成で異なるいくつかのサイトに記載されているのを見たことがありませんか?

これには理由があります。

同じ内容でも異なる文体や言い回しに修正、数百ページ作ってくれる文章自動作成ソフトが3万円弱で売っていて、それを使って、同じ人がいくつものサイトを量産しているのです。
100個のサイトを作成して、同じ内容の異なる文体の記事を一斉にアップすれば、ある芸能人について知りたい人はそのサイトのどこかを必ずクリックすることでしょう。
芸能人が何か発言するたびに、100万人がそのどれかをクリックすれば1日で20万円がサイト作成者に入る、そういう仕組です。

ただ、文章作成ソフトの購入費用がかかり、100サイト作成するのに年間10万円以上のドメイン購入費用がかかり、最近はGoogleの検索エンジンの最適化で水増しサイトが軒並み検索結果に表示されないようになってきているせいで、この方法は使えなくなってきているようですが。

ただ、ノウハウはこれだけではありません。
様々なものが、現れています。
私がブログを始めた2010年代前半には、予想もしていませんでした。

ノウハウがまったくなく、誰もが手探りで行動していたこの時期にアフィリエイトを始めた人は、試行錯誤の連続、無駄ばかりをかさねて、疲弊して脱退した人も多かったでしょう。
それが今では、このようなノウハウを手に入れれば、無駄な労力をかけずとも数年前よりも楽にアフィリエイト収入を見込めるようになっています。

将来損する可能性もある

とはいえ、参入するのは今が最後のチャンスかもしれません。
誰もが「稼げる」と確信した瞬間、アフィリエイターは激増することでしょう。
市場規模を超える参入者が現れた時点で、ゆるく活動したいアフィリエイターは淘汰されます。
勝てるのはノウハウを積んだ先行者ばかりとなります。

「素人が株を買い始めたら売り時」
という言葉があります。

ケネディー元大統領の祖父で、投資家として名を馳せたパトリック・ケネディーの言葉です。


彼は株で大儲けしていた年に、ニューヨークの靴磨きの少年が株の話をしていたのを聞いて株式市場の異常高騰を悟り、すべての株を手仕舞いします。
お陰で有名な1929年の世界恐慌をやり過ごすことができました。

始めるのが遅すぎれば、儲けるチャンスがないどころか投資が無駄になる危険性をはらんでいます。
ドメインを買うだけでも1000円近くかかります。
サーバーを借りたり有料ブログを始めるなら、年間5000円から1万円近くかかります。
情報商材を購入すれば、簡単に数万円から数十万円かかります。
そのすべてが無駄になるのだとしたら、こんなにムダで馬鹿げたことはありません。

始めるのが早すぎても、少数のアーリーアダプターを除いては稼ぐ方法が分かりません。
しかし今はノウハウがある程度たまっています。

それに加えて、「よくわからないから怪しい」と思われて参入者がまだ少ない今が、アフィリエイトを始めるいいチャンスではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました