WordPressにi2iアクセス解析パーツをはりつけても反応しなかった理由とは

自分のサイトのアクセス数や、どのようなキーワードをもとにやってくるのかを調べるためのサービス「アクセス解析」

GoogleAnalyticsが大手として有名です。利用している方も多いでしょう。
しかし、私は利用していません。

GoogleAnalyticsを利用しない理由

便利だから利用したいのはやまやまなのです。
でも、もしも私の持つ複数のサイトの一つが、Google神の逆鱗に触れたとき、GoogleAnalyticsをはりつけている私の他のサイトまで、アクセスダウンにつながるのではないか。

それが心配です。

私が登録した1アカウントのGoogleAnalyticsをはりつけたサイトは、同一人物の所有するサイトだとGoogleには分かってしまうでしょうから。

まともな記事でもアクセスダウンされ得る

もちろん、まともな記事を書いていれば、その種の心配は無用、という意見もあるでしょう。しかし、なにがきっかけで、自分のサイトが「まともではない」とやり玉に挙げられるかわかったものではありません。

たとえば、先日医療に関する個人ブログが軒並み検索上位から引きずり降ろされ、大手企業の記事ばかりが上位に上がるようになりました。
素人のいい加減な情報が上位に上がるために、健康被害の問題が顕著になってきたせいです。

しかし、それに引きずられて、医療問題を扱っていたばかりに検索されなくなった、まともな個人ブログもあります。

それが怖い。

アクセス分析プラグインを利用してきた

余計な心配をしたくないから、Googleのサービスは出来る限り使わないようにしよう、というのが今のスタンス(将来は変わるかもしれません)。

GoogleAnalyticsに変わるアクセス分析サービスとして、これまでSlimstatというプラグインを利用していました。

しかし、複数のブログにはりつけているのでそれぞれのダッシュボードを開いて確認する必要があり、とても不便。
そこで、一元的に管理できるサービスはないか、調べて、i2i というサービスを知ったのでした。

i2i のアクセス分析ができない、反応しない

ところが、登録をして何度も自分のブログにはりつけようとしましたが、表示されません。
スマホなど他の媒体で、i2iアクセス分析パーツをはりつけたサイトにアクセスしても、i2i側が無反応。

理由を調べてわかったのは、自分のブログが”https”というSSL認証されたものの場合は、i2iは有料版しか利用できない、という事実でした。

残念。

こんな単純なことですが、気づくのに30分ほどかかりました。

この記事が、みなさまの時間短縮に役立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました